header_logo

open

社長ブログ

2019年度スローガン「明日から、こうしよう」

2019/02/21/Thu

1月の新年会では、皆さんの笑顔をたくさん見ることが出来て本当に「しあわせ」でした。

初めての「キャバレー白馬」はいかがでしたでしたか。バックバンドで歌う経験は、長い人生でそんなにたくさんないものです。久美や奈穂や由紀が声を張り上げて歌ってくれていたのを満面の笑みで聞いていました。ありがとうございました。

さて、新年会で本年度スローガン「明日から、こうしよう」を発表いたしましたが、昨年の「理念研修」において仕事に対する心構えを具現化し、その行動指針を表現したものと位置付けています。つまり、一日をどう考えどう動くかを通信館の理念に基づき整理したものと考えてください。「7つの誓い」にある、第7章「私は、今日の終わりに自己反省をします」を実行するにあたり、問題点や課題、あるいは悩みや気になることを明日に持ち越さないということです。一日の仕事の中で誰もが感じ遭遇していることです。大小様々ありますが、小さい出来事がはるかに多くあり、小さいことだからこそ後回しにしてしまいがちです。そこで反省の習慣をつけ、どんなことでも「明日からこうしよう」と整理して布団の中に入ります。このことを心掛けていくと何が違ってくるかと言うと、朝の目覚めが違います。そしてやるべきことが明確なので行動が早く元気に明るく仕事に取り組めるのです。

私は、このやり方を確立してから「悩みや心配事」がなくなりました。いや、あるかもしれませんが悩みと思わなくなったという方が近いかもしれません。当然、一日の反省では解決しない大きな問題や難しい課題は心の中でたくさんあります。しかし、悩みや心配と思わずに課題や問題点と位置付けて考えれば、「まずはこうやってみよう。」「こう考えるようにしよう。」そのように思えるのです。

しかしながら、全ては自分自身の心が決めることです。私もその心の中には入れません。したがって「自分で決める」なのだということを改めて言わせて頂きたいのです。自分の人生は、あなた自身の心が決めたことです。誰のせいでもありません。ましてや地域や環境、家族や生い立ちにその責任をかぶせてしまう人は、その時点で「人生が終わった人」と同じです。「夢は必ず叶うもの、思いが強ければ」阿蘇の大野勝彦先生が一番使われる言葉です。この「叶う」という文字。口に+と書きます。つまり、口から出る言葉がプラスであれば夢は叶うということ。言葉とは、口から吐くもの。つまり、「吐く」と言う文字は、口から-と+を吐いている。これをプラスだけ吐けば叶うになるという訳です。

どうか皆さん、通信館は+の塊にしようではありませんか。成功の方程式、天国と地獄の話、そして本年度スローガン「明日から、こうしよう」を私たち一人一人の心の中心に置き、毎日を楽しく明るく笑顔満載で暮らしていきましょう。

平成最後の年が始まりました。まさに通信館はこの平成の時代を生き抜いてきた会社です。新しい年号が目の前のに来ている中、もっともっと幸せを感じられる会社に皆さんと一緒にやり遂げようではありませんか。新年会で皆さんの笑顔に接して心からそう思いました。

私と一緒にやりましょう。スローガン