header_logo

open

社長ブログ

ホスピタリティ賞年間MVP

2015/08/14/Fri

8月7日金曜日7月に続き全体会議を行った。毎度のことだが、各店舗を閉めてからのことなのでスタートがどうしても21時になってしまう。今回は年に1度の「ホスピタリティ賞、年間MVPの決定」がメインで開催した。このホスピタリティ賞は4年前から開始したイベントで毎月の業務の中からホスピタリティな出来事を各店舗より持ち寄り、その中で「月間MVP」を決定する。それが1年間経過すると12のMVPが決定している訳でその12個の中から年間MVPを決定する仕組みである。月間の場合は、副賞1万円の商品券であるが、年間MVPになると10万円の旅行券となる。旅行券と言っても過去3名が受賞しているが、受賞した本人の都合に合わせて内容を変える。最初に受賞した女性は、3人の子供を抱えており沖縄の家族旅行となった。第2回目も家族持ちの店長が受賞したので、東京ディズニーランドの家族旅行をしてもらった。第3回目も同じ店長が2年連続で受賞したので別府へ家族旅行となった。
さて今回。審査は、役職者全員で行う。およそ9割の人間が一つの出来事に手を挙げた。私もその一人であった。阿蘇一の宮店の伊藤由紀さんに決定した。彼女は2014年3月入社でまだ1年半も経っていない。2人の子供を抱える立派なお母さんである。30歳を過ぎて彼女が面接を受けに来たのをつい先日のように鮮明に思い出す。「女一人で子育てを行い、立派に育て上げるのは、男の私には想像も出来ないほどの辛さがあるに違いない」面接の時、率直に彼女へ告げた。その時の彼女の悲壮感漂う目が私は忘れられないのである。
今回の応募作品を読んで頂ければよく分かるが、全国に携帯電話のショップに務めるスタッフが10万人を超える数がいるが、今回の伊藤由紀さんの判断基準を持ち合わせているスタッフは、はたして何人いるだろうか・・・・そんなことを考えさせてしまう本当に素晴らしいノミネート作品であった。

では、その作品をご覧いただきたい ⇒ http://tsusinkan.co.jp/committee/?comKey=5

如何だっただろうか…

実はこのドラマにはまだ続きがある。6月末に今回のお客様はこの携帯電話の解約手続きに弊社、auショップ阿蘇一宮にご来店なさっている。そして明るい笑顔で解約をされて帰られたそうだ。
「虚偽の報告」・・・伊藤由紀が行った行動は、厳密に言うとこれにあたるだろう。しかし、通信館の全スタッフは、この行動に称賛の拍手を心から送っていた。私はこの光景に震えすら覚えた。
この出来事を「社長ブログ」として掲載することももちろん論議の対象となるであろう。
しかし、規制やルール、常識や慣例などよりもはるかに大切な「人として正しい判断」で業務を遂行してくれているスタッフに心から感謝をし、どんなことがあっても私自身が体を張ってこの子たちを責任を持って守る覚悟である。
稲盛塾長が「動機善なりや、私心なかりしか」と半年間、自問自答を繰り返して設立されたDDIそれを継承するKDDI(株)の専売一次代理店として弊社の経営理念を礎として今後の経営に邁進していく所存である。
それにしても、入社15か月の女性スタッフがこのような判断でお客様と心から接してくれていることを社長として改めて感動と共に感謝の気持ちで心がいっぱいになっている。

20150814