header_logo

open

社長ブログ

2018年 スタートにあたり

2018/01/05/Fri

新年あけましておめでとうございます。2018年、戌年のスタートです。元旦よりゆめタウンに出社してくれたスタッフの皆さん、ありがとうございました。毎年のこととは言え、元旦出社には、どうしても申し訳ない気持ちが先に来ます。「働き方改革」の影響もあり、ゆめタウン3店舗以外のロードサイド6店舗は、元旦休業を実施することが出来ました。ゆめタウンに関しては、テナント会長等で「元旦休み、初売り2日」をお願いしていきたいと考えています。
新年度を迎えるにあたり二つの目標を掲げました。その目標とは「新ステージへ突入し挑戦する」、「継続可能な企業体質づくり」の2大ミッションです。新たなステージとは、31年目を迎えた通信館が次のステージで行動を起こすことです。昨年30周年を迎え10月の祝賀会では、私が考えていた以上の企画が出来、たくさんの方々から絶賛のお言葉を戴きました。今回は、木本実行委員長を筆頭に皆さんで考えていただいた手作りの祝賀会でした。スタッフの明るい笑顔に接し、来賓の方々からはたくさんの有難い言葉を戴くたびに「30年経過して通信館の中で理念がやっと浸透したな」と痛感する機会を得ました。通信館の理念を一言でいうと「楽しく仕事をする」私が皆さんに一番多く使った言葉です。
そこで今回掲げたスローガンは、「逃げない・負けない・諦めない」です。この3つの言葉には、「楽しく」は似合いません。逃げないで堂々と前に進む。「何くそ」と叫びながらこぶしを握る。もうだめだと思ったところが本物のスタート地点である。この3つの言葉を乗り越えたときにしか「楽しく」は、生まれません。私たちは、この言葉から逃げて、いや逃げてはいないが見ないふりをして「楽しく」をやっていたようにも感じられます。自分達で掲げた目標を必ず達成していくためには、このスローガンを真正面から受け止め、毎日大きな声で叫ぶことから始めてください。そしてその日一日に与えられた目標を何が何でも逃げず・負けず・諦めずに達成してください。
そして二つ目に掲げた「継続可能な企業体質づくり」です。私はこの30年間、ただまっすぐ、がむしゃらに突っ走ってきました。創業者の利点であり欠点でもあるのですが、ゼロからの出発を経験しているところです。したがって怖いもの知らずの判断をしてしまう傾向があります。30周年を機にその考え方を完全に改めます。私には到底似合わない言葉なのでしょうが、「地道・目立たない・質素」を自分の中で取り込めるようにしなければならないと考えます。私もなかなか達成できない目標を掲げました。一番の苦手分野に挑戦します。自ずとすべての経費削減から入ることでしょう。「楽しく」が昔の言葉に聞こえるかもしれません。その達成には、当然ですが全社挙げて「逃げない・負けない・諦めない」に向けて邁進して頂く事が必須です。苦しい合宿や練習に耐えてつかんだ青山学院の4連覇の様に、私たちも、今、新たな気持ちで戦う姿勢で立ち上がり立ち向かわなければなりません。どうぞ皆さん。私を信じてついてきてください。私と一緒に進んでください。

20180105