header_logo

open

社長ブログ

日本選手団が残してくれたもの

2012/08/26/Sun

数々の感動と興奮の瞬間を体感させてくれたロンドンオリンピックも終わりました。今回の日本人選手団の活躍は、歴史に残るもので個々の種目において至上初のメダル獲得も相次ぎ、世界中の人へ大和魂の粘り強さを発信した大会だったと感じました。私は、小さな時からスポーツ観戦が大好きで特にオリンピックは毎回のように殆どのテレビ中継を見逃さずに観戦してきました。日本人特有の小さな体が世界を相手に堂々と戦う姿がたまらなく好きで、テレビの前で大声を張り上げて応援をしています。
また大会前にメダル獲得数を予測したり、マラソンのレース展開を分析したりと「オリンピックオタク」に変身してしまいます。今回の大会でも金13個・銀6個・銅16個・合計35個と予測を立てていました。結果は、金7個・銀14個・銅17個でしたので大幅に予測が外れた訳ですが、そもそも当たり外れが問題ではなくそのプロセスを楽しむ事が好きです。しかしながら、競技に立ち向かう姿勢や代表となるまでの過程について観てみると、その中にある、人としての考え方やどん底からの再起、あるいはまた家庭やコーチとの関係等に学ばなければならない教訓や人生観、指導者としての立ち居地などが伝わってくる事が一番好きな部分なのかもしれません。
今回の大会では特筆すべき事がありました。それは、団体戦のメダル獲得が過去に例を見ない内容だったことです。アーチェリー女子団体に始まり、体操男子団体、フェンシング男子団体、水泳男女メドレーリレー、バトミントンペア、卓球女子団体、そしてなでしこサッカーと女子バレー、この中で、至上初のメダル獲得が9種目中6種目もあるのです。日本がオリンピックにおいてメダルを獲得し始めたのは東京オリンピックからで48年前の事ですが、その時は、お家芸と言われた柔道・体操・レスリングと個人競技が殆どで団体では体操男女とバレーボール女子だけでした。その後もこの2競技以外では、メキシコのサッカー・アテネの陸上男子リレー・水泳のメドレーリレー男子、そして前回大会で競技が無くなったソフトボールと野球位しか思い出しません。なのに、どうして、今回だけこんなにも獲得できたのか・・・
それは、昨年の東日本大震災に影響されているものと私は考えます。一瞬のうちに世界中の人々を振るい上がらせたあの災害の恐怖は、二度と忘れる事の出来ない光景です。恐らく誰もがそう思い、自分のことのように心配もした悲しい出来事です。しかし、日本人があの災害から復興に向けて歩き出す状況は、海外から賞賛を頂いています。災害から数日の光景もそうです。水や食糧の配給、きちんと並んで待つその姿、ガソリンスタンドでは、何キロも何時間も何の騒動も無く列を作る車。海外のメディアは一様にこの様子を感嘆の評価で報じました。また、ボランティア活動においても日本中のあらゆる場所から老若男女を問わず集結し活動を開始し始めました。タレントやアーティスト、各界の著名人達もこぞって参加したのです。そして今回このオリンピックに参加したアスリートたちも例外なく殆どの人がボランティア活動に参加しています。きっとこの様子は災害でお亡くなりになった尊い魂にも伝わっています。
今回の日本チームを外国のチームから見た時に、特に団体戦において「団結力の日本」が一番に印象付けられたのだろうと考えます。つまり、「日本はすごいパワーを持っている国」その思いが過去の大会とは違う現象でした。「日本の底力と忍耐力」がもたらしたメダルの獲得。そう言っても過言でないと一人で閉会式を見ながら考えていました。
その国に生まれ育った私達です。先人の魂を受け継ぎ、日本を代表するアスリートたちに学び、私達は私達として精一杯、正々堂々と生き抜いていきましょう。

創業から25年、4半世紀が過ぎました。

2012/08/11/Sat

オリンピックの話しを何日も延ばしておいて、「結論言わずに次の話題かよ」と言われそうですが、

あと2日で閉会式なので、その後に続きを書かせて頂きます。

1987年7月、NTTの民営化により各地でポケットベルを中心にj業務を行うテレメッセージの会社が設立し始めました。熊本県も九州ネットワークシステムと言う会社が出来、私は金融機関のご紹介で

熊本県南を中心にした代理店業務をスタートしました。当時私は、ブリヂストン八代の営業部長をしていて、そこで子会社を作り、その子会社の社長を兼任する形でのスタートでした。

5年後の1982年に完全独立して以来、携帯通信業界において、生業を築いてまいりました。お陰様で今では75名のスタッフと共に生き甲斐を感じながら毎日の業務に当たっています。

そこで、創業25周年とオレンジボックス落成5周年を記念して記念講演会を企画いたしました。

昨年の慰安旅行でリッツカールトンホテルに宿泊しましたが、その切っ掛けは

私が、この人の講演を聴く機会にめぐり会えたからです。
   その人とは  高野 登 様 (リッツカールトンホテル元日本支社長)

   9月11日(火) 18:00開場   18:30開会

場所  八代ロイヤルホテル  熊本県八代市本町2-5-1

日夜お客様の気持ちになって感動の演出を繰り広げるリッツカールトンホテルです。どうぞ、お知り合いの方、会社の同僚、恋人同士でも結構です。皆さんお誘い合わせの上ご来場下さい・

尚、参加者は必ず入場整理券が必要です。弊社店舗で取り扱っています。お尋ね下さい。

ロンドンオリンピック テレビ観戦 その2

2012/08/10/Fri

いよいよオリンピックもあと3日となりました。
それにしても今回のオリンピックは感動の連続で応援も大変でしたね。今夜も未明の3時から男子サッカーの3位決定戦がありますし、明日は女子バレーも控えています。頭の中が時差ぼけみたいにボーッとしてますが、4年に一度の世界の祭典です。頑張って応援しましょう。

さて、今回のオリンピックで何かが違うと前回書きました。
早速、数名の人から「もったいぶるな」と催促のお言葉を頂きました。決してそのようなつもりではなく、私の理論を本日の女子サッカーまで観てからお話したかった訳で、しかし、女子サッカーで確信しました。「今回の日本チームはやっぱり違う」と・・・

この話は、私の完全な独断です。したがって意見の違う人は「フン・・・」とせせら笑う話でしょう。一向に構いません。せめてどうぞ最後まで読んで頂きたいものです。

日本は、個人競技でのメダル獲得数が過去の大会では多かったんです。1964年の東京オリンピックまでは一度も団体競技でメダルの獲得はありません。東京大会で体操男女と女子バレーが初めてメダルを獲得しました。その後もこの2つの競技以外では1968年のメキシコシティーでサッカーがそして、野球・ソフトボール・水泳メドレーリレーと最近では、少しづつ増えてきていました。
しかし、今回のその数は、過去の大会のものとは明らかに違います。残す男子サッカーと女子バレーの結果次第ですが、どちらも銅メダルが取れたとすれば、10競技の団体でメダルを獲得する事になります。それも、6っの競技が史上初です。どの競技も下馬評でもそれなりに評価されていました。スポーツ氏を騒がせていなかったのは水泳の女子メドレーリレーと女子バレーくらいでしょう。それでも可能性はありました。しかし、可能性があったとは言え、ここまでメダルを取得できるとは、誰も予測がつかなかったと考えます。

さあ、その真相、いや、根底にあるその理論について、次回をお楽しみに・・・

ロンドンオリンピック テレビ観戦記=その1

2012/08/07/Tue

ロンドンオリンピックも終盤戦に入りました。
毎晩寝不足ですが日本選手の活躍が何よりの眠気防止ですね。

さて、今回のオリンピック、現在のところ金2・銀12・胴13ですが、
現時点で予想を超えるメダル獲得数に誰もが驚いてる事と思います。
現状では途中経過なので最終結論には至りませんが、どうも今回のオリンピックはどこかが違う・・・
毎晩のようにそのような気持ちがフスフスと湧いてくるのです。

その違いは何か・・・
それは、アーチェリー女子団体に始まり、バトミントン女子ダブルス、フェンシング男子フルーレ団体
体操男子団体、水泳男女メドレーリレー、そして今日の女子サッカー。まだまだあります。卓球女子団体、男子サッカー、男女のバレーだってまだ分からない。

この現状をどう分析しますか・・・
過去のオリンピックの歴史を観てもここまで団体競技で日本勢が活躍し、決勝まで残りメダルを獲得したオリンピックはありません。
44年前の東京オリンピックでさえ、体操男女とバレーボール男女の4種目だけ、その後のオリンピックでも、ソフトボール・野球・位しか私の記憶では残っていません。
当然ですが、団体競技は、メダルを獲得しても1個と数えます。これをメダルを獲得した日本人はとなりますと、恐らく100個を超える事になるのです。すごいと思いませんか・・・

では、なぜこのような結果が生まれるのでしょう・・・
それは・・・
オリンピック観戦記 その2で書かせて頂きます。
睡眠不足になりながらの応援、あと1週間です。
皆さん、頑張って応援しましょうね。

いよいよスタートします

2012/08/06/Mon

初めまして
株式会社通信館代表取締役社長の竹永淳一です。

今回、通信館グループのホームページをリニュアルした事で私もブログで登場する事になりました。
何処まで続けていけるか自信がありませんが、余り期待せずにお付き合い下さい。

さて、先月の7月1日をもって通信館創業25周年を迎えました。
ここまでこれましたのも、ご支援いただきましたお客様は勿論の事、KDDI様を初めとする取引業者の暖かいご協力と地域の皆様のご理解があったからだと強く感じています。心より感謝申し上げます。
そして、「社員」です。心からありがとう。
お客様から支えられ、取引先から助けられ、そしてスタッフから愛され続けてきた通信館になれました。
やむを得ず退社を余儀なくされたスタッフも含め、改めて有難うと叫びたい気持ちです。

これからも変わらぬご愛顧を通信館グループに賜りますようよろしくお願いいたします。