header_logo

open

社長ブログ

イチローの引退に思う

2019/03/27/Wed

あと一週間で次の年号が発表になり、いよいよ新しい時代に突入する。取り立てて何かが変わる訳でもなく年号が新しくなるわけだが、今回退位を決められたことについては、本当に素晴らしい決断だったと思う。私達は、昭和から平成に変わる時を経験した。

昭和天皇がお亡くなりになられた直後に新年号が決まった訳だが、今回のような明るく希望が見える変わり方は経験していない。報道各社がこぞって新年号の話題を告知しているところが何とも言えない空気感がある。生前即位を決められたからこそ体験できていることであり、そして明るい未来がやってくる予感すら感じてくる。何事にも変化や継承は付き物だ。新年号の元、日本国民、誰もが喜び、発展的で力強い未来を期待する。

そのような中、平成と供に引退を決意したプロ野球選手がいる。これだけで誰だかすぐ分かることだ。シアトルマリナーズのイチロー選手である。先週アメリカのメジャーリーグの開幕戦、シアトルマリナーズ対オークランドスレチックスが東京ドームで2試合開幕戦を行った。イチロー選手は、オープン戦から調子が悪く、スタメン起用が危ぶまれていた。初戦のスタメンをスマホで確認した人は、きっと私だけではないと思う。2試合共途中で退いたが、2試合目は、8回裏の守備に就くまで出場し監督が交代を告げた時、両軍の全選手がイチローの功績を称え喜びを表していた。勿論、東京ドームに詰めかけた5万を超す観客は、総立ちで割れんばかりの声援でイチローの有志を見届けていた。野球中継の最中に何度もアナウンサーから試合終了後会見があることが報道されていたが、それが引退会見とまだ誰も気づいていなかった。

イチロー選手が記者会見場に姿を現したのが11時56分。最初に「今日のゲームを最後に、日本で9年アメリカで19年の現役生活に終止符を打ち、引退することになりました」「最後にこのユニホームを着てこの日を迎えられたことを大変幸せに感じています。」と挨拶がありそこから1時間20分質疑応答が始まった。数々の記録を打ち立てたこと45歳までメジャーリーガーとしてユニホームを着ていること、この事を理解して感想を述べるだけでも私も30分は話せるほどイチローに関心を持ち深く愛するようになったわけだが、その内容よりも心に沁みこむ言葉があったのでそれを紹介しようと思う。

一番響いた言葉です「僕は、人より頑張ることなんでできない。あくまでも秤は自分の中になる。それでも自分なりにその秤を使いながら、自分の限界を見ながらちょっとだけ超えていく、この少しづつの積み重ねがそれでしか自分を越えて行かない」そしてもう一つ「新しい世界に挑戦することは、大変な勇気だと思う。でも成功すると思うからやるのではなく、やりたいと思うえば挑戦すればいい」そして最後に「妻は頑張ってくれました。僕は結局3089本のヒットをアメリカで打ちましたけど、妻が毎試合作ってくれるおにぎりが2800個だったそうで3000個いきたかったみたです。」どれもこれも新鮮かつ深い言葉です。平成を締めくくってくれたイチロー選手。私もそのひとりだが日本人の多くがそう思ったであろう。

そしてまたこの平成を最後に通信館より引退する人がいる。

篠原理香さん22年間ありがとう。

baseball102

 

台湾福岡総領事へ表敬訪問

2019/02/22/Fri

2月19日、台湾領事館よりご招待を頂き、台湾からの新入社員7名を連れて表敬訪問に行った。11時に到着後、陳処長以下洪部長、李課長にもご参加頂き、7名の弊社社員から自己紹介から始まった。和やかなムードの中、陳処長の喜びようは大変なもので本当にこのような体験ができたことを含めて貴重かつ幸福感満載の時間を過ごせたことを心より感謝いたい。7名の新人たちも一様に陳処長の笑顔に感動したようで、3か月に満たない日本での生活、八代の田舎で就労を決意したことを考えてみても満足を超越する感動の瞬間を味わってくれたことと満面の笑みを絶やさない7名の社員たちを見て本当にうれしかった。

12時より領事館から程よい距離にある、アゴーラ福岡山の上ホテルの高級料理をご馳走になった。このホテルには随分前に私も来たことがあるが、最近経営が変わったらしく大変豪華に改装され、高級感あふれるリゾートホテルに変身していた。食事も本当に美味しく頂けて、個々でも満足感満載の通信館スタッフであった。

八代商工会議所の活動で台湾との関係が緊密になり、八代市と台湾基隆使途の友好都市も昨年調印となり、色んな意味で我々と台湾が近くなって来ているが、今回の台湾人就労により、またその距離が一段と近くなり、7名のスタッフ達もこれからの交流や事業にも欠かせない存在となって行くと帰路の新幹線の中で考えていた。

さて、いよいよ22日よりこの7名の台湾スタッフ達が暫定ではあるが、店舗に配属される。昨年の8月25日に神山部長と台湾に採用試験に出かけて以来、実に半年の歳月が過ぎた。3カ月弱に及ぶ新人研修やユニオンの竹中氏による実務研修と出来得る限りの対策を立て多くの時間と費用をかけて来た。7名のスタッフには、異国の地での就職であり不安と寂しさの中で当初の目的を忘れずここまで頑張ってくれたことには敬意を表すところである。しかしながら、君たちは、今やっとの思いでスタートラインに辿り着いたところである。これから毎日数えきれないお客様対応を余儀なくされる。まだまだ分からないことや出来ないこと、理解できない言葉などたくさんの試練にぶつかることになる。日本で仕事をすることを決意した気持ちを忘れないことが一番であるが、通信館で学んだことやクレドを心の支えにして大きく羽ばたいて頂きたいと強く考えている。

そこで、この7名の新入社員を受け持つお兄さんお姉さんの皆さん、まずは、あなた自身が習慣の違う異国の地でその国の言葉を一から勉強し、その国で仕事を始める状況を考えて頂きたい。その勇気と行動力に拍手を送り、通信館でやりと通そうとする7名の愛する仲間に多大なる激励と惜しみない協力を心からお願いしたい。

大学を卒業後初めて就職するリキ、セン、カオル、ルーシー。大学院まで行きながらなぜか熊本の地を選んだソンキ。台湾で社会人として頑張っていたカリン。そして来日が1ヶ月遅れ急ピッチで研修で終えた最年長ケイ。各人の個性も充分に活かしながら、通信館らしさも忘れずに「明日からこうしよう」の反省の元、全ての出来事に怯むことなく頑張ってくれることを期待してやまない。

台湾領事館訪問

2019年度スローガン「明日から、こうしよう」

2019/02/21/Thu

1月の新年会では、皆さんの笑顔をたくさん見ることが出来て本当に「しあわせ」でした。

初めての「キャバレー白馬」はいかがでしたでしたか。バックバンドで歌う経験は、長い人生でそんなにたくさんないものです。久美や奈穂や由紀が声を張り上げて歌ってくれていたのを満面の笑みで聞いていました。ありがとうございました。

さて、新年会で本年度スローガン「明日から、こうしよう」を発表いたしましたが、昨年の「理念研修」において仕事に対する心構えを具現化し、その行動指針を表現したものと位置付けています。つまり、一日をどう考えどう動くかを通信館の理念に基づき整理したものと考えてください。「7つの誓い」にある、第7章「私は、今日の終わりに自己反省をします」を実行するにあたり、問題点や課題、あるいは悩みや気になることを明日に持ち越さないということです。一日の仕事の中で誰もが感じ遭遇していることです。大小様々ありますが、小さい出来事がはるかに多くあり、小さいことだからこそ後回しにしてしまいがちです。そこで反省の習慣をつけ、どんなことでも「明日からこうしよう」と整理して布団の中に入ります。このことを心掛けていくと何が違ってくるかと言うと、朝の目覚めが違います。そしてやるべきことが明確なので行動が早く元気に明るく仕事に取り組めるのです。

私は、このやり方を確立してから「悩みや心配事」がなくなりました。いや、あるかもしれませんが悩みと思わなくなったという方が近いかもしれません。当然、一日の反省では解決しない大きな問題や難しい課題は心の中でたくさんあります。しかし、悩みや心配と思わずに課題や問題点と位置付けて考えれば、「まずはこうやってみよう。」「こう考えるようにしよう。」そのように思えるのです。

しかしながら、全ては自分自身の心が決めることです。私もその心の中には入れません。したがって「自分で決める」なのだということを改めて言わせて頂きたいのです。自分の人生は、あなた自身の心が決めたことです。誰のせいでもありません。ましてや地域や環境、家族や生い立ちにその責任をかぶせてしまう人は、その時点で「人生が終わった人」と同じです。「夢は必ず叶うもの、思いが強ければ」阿蘇の大野勝彦先生が一番使われる言葉です。この「叶う」という文字。口に+と書きます。つまり、口から出る言葉がプラスであれば夢は叶うということ。言葉とは、口から吐くもの。つまり、「吐く」と言う文字は、口から-と+を吐いている。これをプラスだけ吐けば叶うになるという訳です。

どうか皆さん、通信館は+の塊にしようではありませんか。成功の方程式、天国と地獄の話、そして本年度スローガン「明日から、こうしよう」を私たち一人一人の心の中心に置き、毎日を楽しく明るく笑顔満載で暮らしていきましょう。

平成最後の年が始まりました。まさに通信館はこの平成の時代を生き抜いてきた会社です。新しい年号が目の前のに来ている中、もっともっと幸せを感じられる会社に皆さんと一緒にやり遂げようではありませんか。新年会で皆さんの笑顔に接して心からそう思いました。

私と一緒にやりましょう。スローガン

ブログに再度挑戦します。

2018/08/28/Tue

大変申し訳なく思います。最初に誤っておかないとブログが続かないのでこんな文章になりました、半年以上もご無沙汰しているのですから、何の言い訳も出来ません。たくさんの人からブログはどうしたのかとお申し出があっていました。特別なことは何もないのですが、こう言うことは、一度やらなくなればこう言うことになるものだと改めて感じました。大変反省しておりますので今後のブログ更新で巻き返していきます。

昨年の10月20日に弊社設立30周年の式典、祝賀会を開催した訳ですが、どうも、あの時を境に自分の中の何かが少しだけ変化して行っていることを感じています。後2か月で私も62歳になります。年齢を重ねることと仕事への情熱とは、反比例するものとは言いたくありませんが、自分の中で30周年が頂点と決めつけていた部分があったような気がします。「社長からの手紙」を目標通り10年間書き綴り、小さな山をひとつずつ登り切っていくことで勝手な達成感が変に満たされて行ったように感じています。

ここでもう一度心を入れ替えて頑張ると言うことを宣言するためにこのブログの再始動をいたしました。皆さんからの激励とご鞭撻をどうぞよろしくお願いいたします。

2018年 スタートにあたり

2018/01/05/Fri

新年あけましておめでとうございます。2018年、戌年のスタートです。元旦よりゆめタウンに出社してくれたスタッフの皆さん、ありがとうございました。毎年のこととは言え、元旦出社には、どうしても申し訳ない気持ちが先に来ます。「働き方改革」の影響もあり、ゆめタウン3店舗以外のロードサイド6店舗は、元旦休業を実施することが出来ました。ゆめタウンに関しては、テナント会長等で「元旦休み、初売り2日」をお願いしていきたいと考えています。
新年度を迎えるにあたり二つの目標を掲げました。その目標とは「新ステージへ突入し挑戦する」、「継続可能な企業体質づくり」の2大ミッションです。新たなステージとは、31年目を迎えた通信館が次のステージで行動を起こすことです。昨年30周年を迎え10月の祝賀会では、私が考えていた以上の企画が出来、たくさんの方々から絶賛のお言葉を戴きました。今回は、木本実行委員長を筆頭に皆さんで考えていただいた手作りの祝賀会でした。スタッフの明るい笑顔に接し、来賓の方々からはたくさんの有難い言葉を戴くたびに「30年経過して通信館の中で理念がやっと浸透したな」と痛感する機会を得ました。通信館の理念を一言でいうと「楽しく仕事をする」私が皆さんに一番多く使った言葉です。
そこで今回掲げたスローガンは、「逃げない・負けない・諦めない」です。この3つの言葉には、「楽しく」は似合いません。逃げないで堂々と前に進む。「何くそ」と叫びながらこぶしを握る。もうだめだと思ったところが本物のスタート地点である。この3つの言葉を乗り越えたときにしか「楽しく」は、生まれません。私たちは、この言葉から逃げて、いや逃げてはいないが見ないふりをして「楽しく」をやっていたようにも感じられます。自分達で掲げた目標を必ず達成していくためには、このスローガンを真正面から受け止め、毎日大きな声で叫ぶことから始めてください。そしてその日一日に与えられた目標を何が何でも逃げず・負けず・諦めずに達成してください。
そして二つ目に掲げた「継続可能な企業体質づくり」です。私はこの30年間、ただまっすぐ、がむしゃらに突っ走ってきました。創業者の利点であり欠点でもあるのですが、ゼロからの出発を経験しているところです。したがって怖いもの知らずの判断をしてしまう傾向があります。30周年を機にその考え方を完全に改めます。私には到底似合わない言葉なのでしょうが、「地道・目立たない・質素」を自分の中で取り込めるようにしなければならないと考えます。私もなかなか達成できない目標を掲げました。一番の苦手分野に挑戦します。自ずとすべての経費削減から入ることでしょう。「楽しく」が昔の言葉に聞こえるかもしれません。その達成には、当然ですが全社挙げて「逃げない・負けない・諦めない」に向けて邁進して頂く事が必須です。苦しい合宿や練習に耐えてつかんだ青山学院の4連覇の様に、私たちも、今、新たな気持ちで戦う姿勢で立ち上がり立ち向かわなければなりません。どうぞ皆さん。私を信じてついてきてください。私と一緒に進んでください。

20180105